ジャーナルセクションを最大限にご活用いただくため、メインの言語をお選びください:
English 日本語 Español Português

ジャーナルセクションに新しい機能を追加しました。コメントなどeditor@DiscoverNikkei.orgまでお送りください。

food

en ja es pt

オハヨウ・ボンディア

第8回 まんじゅうの味

丸くて、中にはあま~いあずきのあん。これが和菓子のまんじゅう。ブラジル人も知っているドセ・デ・フェジョン。

ふかし饅頭

これは母から聞いた話。八十数年前のこと。住んでいたのはシーティオ。

ある日、町からお客さんが訪れた。同じ日系人の方。おみやげは珍しいまんじゅだった。

子どもたちは、ほうきを戸の後ろにさかさまに。お客さんが早く帰るおまじない。

さあ、お客さんは帰った!子どもたちはみんなおまんじゅうに一直線!

一個のまんじゅうは四つに分けられた。母は十人兄弟。子どもたちは丸ごと味わうことはできなかった。その日のおやつは、そのまんじゅうだけだった。

わたしはひとりっこ、まんじゅうは一個でも二個でも、好きなだけ食べられた。

しかし、その話を聞いてから、まんじゅうの味は少し変わった。

今でも丸いまんじゅうを見ると、母から聞いたその話を思い出す。貧しかったけれどにぎやかだったという母の家。目頭が熱つくなり、時には涙ぐむ。

何十年経っても忘れられないまんじゅうの味。切なく愛しい「あじ」がする。

© 2011 Laura Honda-Hasegawa

Brazil food manju

このシリーズについて

祖父は日本から約100年前に来伯。私はブラジル生まれ。だから、私はブラジルと日本との「架け橋」になりたい。私の心に深く刻まれた「にっぽん」は宝物。ふるさとのブラジルで守りたい。そんな思いを込めて書いたのが、このシリーズです。(Bom Diaはポルトガル語でおはよう)