グレイス・リツ・ウエハラ

(1919 - 2014年)日系アメリカ人の強制収容所に対する補償運動や公民権運動で活躍した活動家。

収容所の補償運動の達成と教育(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

グレイス・リツ・ウエハラ氏(旧姓:カネダ)は1919年7月4日、カリフォルニア州ストックトンで生まれました。第二次世界大戦中、ウエハラ一家はストックトン集合センターに一時的に収容された後、アーカンソー州のローワー強制収容所に送られました。1980年代、ウエハラは米国日系人市民協会(Japanese American Citizen League)と協力し、戦時中の日系人強制収容に対する補償を求め、アメリカ政府に訴え続けました。

コチヤマ氏は、2014年6月22日、94歳で亡くなりました。(2014年7月)

internment redress World War II

いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

「いただきます2!」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団