アーチ・ミヤタケ

写真家・ビジネスマン。

父に教えられた収容所の写真の重要性(英語) 家族との時間をほとんど持たなかった父(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

有名な写真家トーヨー・ミヤタケ(宮武東洋)氏の息子であるアーチ・ミヤタケ氏は1924年にロサンゼルスで生まれました。1942年、ミヤタケ一家はマンザナー強制収容所へ送られ、第二次世界大戦中は収容所での生活を余儀なくされました。マンザナーで高校を卒業したアーチは、その後、写真家としての道を歩み始めました。1979年に亡くなった父の後を継ぎリトルトーキョーにあるトーヨー・ミヤタケ・スタジオを経営、まもなく現在の所在地であるカリフォルニア州のサンガブリエルに移転しました。アーチ・ミヤタケ氏は、2016年12月、92歳で亡くなりました。(2016年12月)

camps miyatake photography family photographer photographs toyo miyatake

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団