フレッド・コレマツ

大統領令9066の合憲性に抗議(1919-2005年)

犯人探し (英語) 最終判決 (英語) 不正を正す (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

1919年1月30日、フレッド・コレマツ氏はカリフォルニア州オークランドに生まれました。日本が真珠湾攻撃をした1941年12月7日、コレマツ氏はサンフランシスコで溶接工として働いていました。1942年に大統領行政令9066が発令された後、コレマツ氏は強制退去を拒否し、カリフォルニアから脱出を試みます。しかしながら彼は捕らえられ、強制収容に従わなかった罪で逮捕されました。その後コレマツ氏は、幾人かの日系人同様、大統領行政令9066の合憲性を問うため、裁判を起こしました。コレマツ氏のケースは最高裁判所まで持ち込まれましたが、1944年、裁判所は政府による退去命令を合憲とし、支持しました。

第二次世界大戦後、コレマツ氏はミシガン州デトロイトに移り住み、結婚し家庭を持ちました。その後コレマツ氏は一家と共にカリフォルニアへ戻ります。1980年代前半、ある資料の発見と共に、コレマツ氏のケースは再審理されることになりました。その資料とは、1944年のコレマツ裁判で、連邦政府が最高裁判所に提出すべき証拠を隠ぺいしていたことを裏付けるものでした。1983年、連邦地方裁判所のマリリン・ホール・パテル判事は、1944年にコレマツ氏が受けた有罪判決を無効としました。1998年、コレマツ氏は大統領自由勲章を授与し、2005年に他界しました。 (2008年4月15日)

coram nobis World War II coram nobis

いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

「いただきます2!」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団