昔の太鼓(英語)

家族の伝統としての太鼓(英語) お盆とコミュニティ(英語) 昔の太鼓(英語) 家族のアクティビティとしての太鼓(英語) コミュニティイベントへの参加(英語) 多文化の視野(英語) 平和を見据えて(英語) 母親と太鼓(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私が10歳で太鼓を初めた頃、太鼓グループは、年配の男性が娯楽で集まるためのものでした。かつてキアフラ農園のお盆祭りでは福島音頭以外は演奏されなかったという話を聞きました。また、80から90歳くらいのお爺さんやお婆さんたちによると、日没から夜中の1、2時くらいまで福島音頭のみ演奏していたそうです。福島音頭だけ5、6時間も大変だったろうと思います。お盆祭りは地域のイベントで、様々な人種の家族が集まり、皆で参加していたそうです。

日付: 2004年7月9日
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: アート・ハンセン、ソージン・キム
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

fukushima ondo taiko

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団