カーター大統領による委員会設置法案への署名の時のこと(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)僕は、カーター大統領の右肩側のすぐ後ろに立っていました。大統領は、3×5インチの小さいカードを手に持っていたので、ちらっと見てみました。声明文を全て書いているのだろうと思いましたが、2、3単語書いてあるだけでした。でも、大統領はしばらくの間スピーチをし、日系アメリカ人の歴史や強制収容所のことをとてもよく理解しているような内容でした。僕は、大統領がそこまでの情報を把握していたことに少し驚きました。

日付: 1998年7月1・2日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ミッチェル・マキ、ダーシー・イキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

commission bill President Carter redress

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団