委員会の開催案に対するJACLの反応(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)ご存知のとおり、JACLは分裂していました。最も強い抵抗があったのは、シアトルのグループからでした。彼らは、「ああ、また君たちは責任を回避するのか」と言いました。しかし、我々は責任回避ではなく、単なる現実的な対応と考えていました。政治には、現実的な対応が必要です。アイデアだけ出し、上手く行くことを期待するなんてできないのです。僕らは、委員会を通すルートは正しい選択だと思いました。全国大会でその案を提出するかどうかはジョン・タテイシ氏次第でしたが、彼は春の全国大会で発表しました。そして、我々の予想通り、大勢のシアトル代表団から大反対にあいました。実際シアトルの何人かはJACLを去りました。

日付: 1998年7月1・2日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ミッチェル・マキ、ダーシー・イキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

jacl redress

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団