賠償から補償への変更(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)僕は、そもそも「賠償(リパレーション)」という言葉は好きではありませんでした。「賠償(リパレーション)」は、戦争と直結して聞こえるのです。戦敗国は、戦勝国に常に何らかの賠償をしており、戦争に負ければ、戦争賠償が課せられます。でもこれは、戦争ではないと思っていました。「賠償」という言葉は嫌でした。「補償」の方がずっと相応しいと思いました。興味深いことに、シアトルのグループは既に「賠償」ではなく「補償」という言葉を使っていました。そして僕も「補償」の方がずっといい言葉だと思いました。1977年と1978年にいくつか記事を書いたのですが、その中の1つでこのことについて触れ、今後は「賠償」ではなく「補償」とする、と書きました。

日付: 1998年7月1・2日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ミッチェル・マキ、ダーシー・イキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

politics redress

ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

「ニッケイ・ルーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団