補償運動後の日系アメリカ人の未来(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)我々の前には、長い長い道が続いていて、その広い道は、僕らが整備していかなければなりません。もし、我々が小道に腰かけ、自分たちは道を作った、もうやることは終わった、などという態度でいれば、同じことを繰り返すでしょう。それでは何にもなりません。後戻りするだけです。僕は、日系アメリカ人に限られた話をしているのではありません。国全体として後戻りしてしまう可能性を危惧しているのです。なぜなら、日系アメリカ人があのように軽視されたということは、アメリカの他のコミュニティも標的になる可能性があるからです。とても重要なことです。僕は、人々の態度に不安を覚えます。でも、僕が何とかするには年をとりすぎました。僕は、若い人たちが目を覚ましてくれることに期待しています。彼らはやってくれると思います。もし彼らが何もしなければ、先にも言った通り、全く逆戻りすることになるのでしょう。

日付: 1998年8月27日
場所: 米国、ペンシルバニア州
Interviewer: ダーシー・イキ、ミッチェル・マキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

civil rights identity

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団