スウィングを愛した二世の若者達(英語)

アメリカ社会への同化 (英語) ジャズとの出会い (英語) それでも、日本人 (英語) スウィングを愛した二世の若者達(英語) 「Jタウン・ジャズ・アンサンブル」(英語) 三世と補償運動(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)強制収容所に送られた私は、同じようにジャズ音楽に傾倒している人たちがいることを知りました。実は、集合センターにもジャズ好きの人たちがいたのです。私が驚いたのは、ロサンゼルス出身の若者が多かったサンタ・アニタ集合センターでは、ダンスバンドまで結成され、かなり活動的だったことです。夜のジャズコンサートを開いたり、レコードをかけたり、当時の優れたジャズ奏者について語り合ったり、楽しそうですよね。サンタ・アニタでの話を聞くことができて、私は気分がよくなりました。そして私は、二世の中には音楽を愛し、スウィングやジャズ、クラシックを楽しむ、革新的な少数派が居ることを知ったのです。

私も音楽に興味があったので、音楽好きな日系二世の若者を収容所の中で見つけて、誰が言い出したことかはわかりませんが、いつの間にか私たち自身もダンスバンドを結成することになりました。ポストン収容所内で組織されていた機関の1つだったレクリエーション部門が、私たちのダンスバンドのスポンサーになってくれました。

日付: 2002年2月18日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: アリス・イトウ、ジョン・パイ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

Anita internment Jazz music Poston Santa

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団