打ちのめされた誇り (英語)

打ちのめされた誇り (英語) 補償運動への参加者の増加 (英語) ワシントン政界の説得 (英語) 大衆の力 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) LTPRO(リトル・トーキョー人権協会)のメンバーは、全員が三世でした。彼らは、1960年代から70年代初頭のベトナム戦争を経験した世代です。その時代、戦争反対を訴える団体や、アフリカ系アメリカ人の公民権運動を支持する組織など、草の根活動団体がたくさんありました。大学に行きながら、マイノリティの権利獲得のため運動に身を投じていた三世たちは、アフリカ系アメリカ人の活動に影響を受けていました。アフリカ系の人々は、「ブラック・パワー」や「ブラック・イズ・ビューティフル」といったスローガンの下、活発な運動を繰り広げていましたが、アジア系、ことに日系人に関しては、収容所に送られたことが原因で、必ずしも積極的な活動をしていたとは言えません。誰かが言っていたことですが、日系人はレイプ被害者のようだったのです。起こったことを話したがらず、収容所に居たことを恥じていた訳です。

憲兵隊の列の前を歩かされている人々を想像してみてください。どんな気持ちになるでしょう?囚人か、社会のはみ出し者のような気持ちになるのです。収容所の中では、監視塔から銃口が向けられ、フェンスにぐるりと囲まれていました。そんな状況下に置かれ、周りに居るのは自分と似たような顔した人たちだった訳ですから、自分は日系人でなければよかった、と思ってしまうのです。

このような心理状態で、日系アメリカ人の誇りは崩れていきました。そして結果的にコミュニティは散り散りになり、まとまった1つの共同体の存在が失われるレベルまで、崩壊してしまったのです。補償運動を進める過程で苦悩したのはこの点でした。人々の沈黙を破らせ、日系人であることを誇りに思ってほしかったのです。

日付: 1997年9月13日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ラリー・ハシマ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

civil rights LTPRO sansei

いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

「いただきます2!」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団