学ぶべき教訓 (英語)

強制収容を知る (英語) 動かぬ証拠の発見 (英語) コレマツ裁判の終結 (英語) 学ぶべき教訓 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)強制収容が影響を及ぼしたのは、日系アメリカ人だけではありませんでした。そしてもちろん、アジア系アメリカ人に限られた問題ではありません。強制収容を行ったのは合衆国政府だった訳ですから、国中の全ての人々に関わる問題なのです。このことから我々が学ぶべき教訓の1つとして挙げられるのは、戦争が起こっている時、そして国の非常事態時には、国民感情は高ぶり、ある特定のグループの人たちが標的にされる可能性があるということです。これは、ペタル判事が発言した内容と同じです。この教訓を学ぶことの重要性を、より多くの人々が理解し、憲法の重みという私たちにとっても最も重要な価値を守るために人々が行動し、犠牲やリスクを恐れないことを願っています。戦時中や国家の危機の最中にあれば、ジョン・J・マクロイがかつて言ったように、「憲法は、ただの紙切れに過ぎない。」という事態に陥りかねない訳ですから。

日付: 2000年10月27日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: アリス・イトウ、ロレイン・バンナイ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

coram nobis government incarceration internment law

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団