米国国籍を持つ日本人の妻 (英語)

剣道の修行のために訪れた日本 (英語) 米国国籍を持つ日本人の妻 (英語) 日本食の有難さ (英語) 目立ちたくない外国人(英語) 日本vs. オクラホマ州タルサ (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 僕の妻は、実はアメリカ国籍を持っているんです。彼女はボストン生まれで、当時、義父はボストンで教鞭をとっていました。フルブライトの奨学金を受けて、勉強しながら教えていたそうです。確か、そんな話だったと思います。妻はその頃生まれたので、自動的にアメリカ国籍が与えられた訳です。しかしながら妻の家族は、生後1年して日本へ戻りました。彼女が小学生になると、一家はまたアメリカに1年間滞在し、義父はスタンフォードで教鞭をとりました。彼女もアメリカの小学校に1年間通ったそうです。妻は、自分の国籍を意識していたので、英語の勉強を継続すべきだと常に感じていたようで、帰国後も近所の教会などの英会話クラスで英語の勉強をしていました。そのようにして、常に英語を話す環境に身を置いていたようです。

日付: 2003年11月11日
場所: 日本、京都府
Interviewer: アート・ノムラ
Contributed by: アート・ノムラ、『ファインディング・ホーム』

citizenship FindingHome language

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団