日本にいる親を思って

アルゼンチンで日本語教師を始めたきっかけ 教師として生徒に対する期待 アルゼンチンの若者の日本に対する興味 日本語教師として 日本にいる親を思って アルゼンチンに見る将来性 祖父と僕 性格にあうアルゼンチン

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

まあ、さっき最初に言ったように、やっぱり親父もだんだんだん年をとってきていますしね。世間一般に言われている、私長男やから、帰って親の面倒を見るだとかね、土地を親父から引き継ぐだとか、まあ家もありますからね、向こうには。それいったのはね、やっぱり、私が今生きてる中ではね、全く無視はさすがに出来ないですね。やっぱり普通の人間ですから。親を苦しんでいるのをほっといて、自分だけというわけにはいかないからですね。その問題は、やっぱりずっと付きまとっていますね。だから、去年、中森先生という先生がいましたよね。だから彼の気持ちやっぱりよくわかるしね。彼が帰った時にね、やっぱり、ひょっとしたら自分も同じようなことになるかもしれないなというのはね、やっぱり頭の隅にはありますね。でも、やっぱり日本へ帰るのはね、自分にとっては、やっぱり後退というか退歩になりますね。

日付: 2006年
場所: アルゼンチン、ブエノスアイレス
Interviewer: タケシ・ニシムラ、リカルド・ホカマ
Contributed by: アルゼンチン日系センター

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団