アルゼンチンと正反対の日本(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)私が日本を発ったとき、東京は戦争(空襲)で焼け野原でした。でも現在はもう私にとってまったく異なった日本、東京で、すべて自動化していて、どのように行動したらいいのか分からないのです。外国のようですね。仕事で何回か訪日していますが、用事が終わるとすぐに帰りたくなります。アルゼンチンが私の祖国、第二の祖国ですね。 日本人から、「あなたは日本人だけど、ちょっと変わった日本人だ」と言われます。しかし、アルゼンチンへ着いた頃はよく地元の人にからかわれて「日本人は尻が反対とか」いやなことを言われたものです。でも、同じようなことをニューアンス的にですが今度は日本へ戻った時に日本人から言われるのです。

日付: 2007年2月23日
場所: アルゼンチン、ブエノスアイレス
Interviewer: タケシ・ニシムラ、リカルド・ホカマ
Contributed by: アルゼンチン日系センター

argentina identity nikkei

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団