日本を離れ、いざアルゼンチンへ(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語)終戦後(第二次世界大戦後)は国外へ出ることはできませんでした。しかし、米軍と連合軍が日本を占領していたにもかかわらず、アルゼンチンはいち早く日本人の受け入れを表明してくれました。ペロン政権のアルゼンチンです。日本はまだ主権を回復していなかったけれど、ペロン政権が日本人の受け入れを可能にしたのです。それまで、アルゼンチンへ来るなんて一度も考えたことはありませんでしたが、その時点で他の選択はなく、アルゼンチンだけが国外へ出る唯一の道だったからです。

日付: 2007年2月23日
場所: アルゼンチン、ブエノスアイレス
Interviewer: タケシ・ニシムラ、リカルド・ホカマ
Contributed by: アルゼンチン日系センター

argentina immigration migration

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団