ブラジル移民の目的

ブラジル移民の目的 ブラジルに日本様式の女学校を開校

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

ブラジルへ来る目的はね、私の夫がですね、あの水産大学出てるんですの。日本のね。それで、ブラジルへ行って水産業を大いにやろうというわけでね、その希望を持ってきたんです。でも私はね、来たくなかったのよ。10年間はね、ほとんどまぁ泣いて暮らしたみたいななもんですよ。あのノロエステ州のね、カフェランディアというところに入りましてね。そしてそこで三ヶ月ほどおりましたのね。子供が生まれましたので、それであの、とても私たちの観測ではね、百姓などできないので、それで私はね、レジストロというところでですね、日本語の先生・・・ここではね、外国人はその仕事はできなかったの。今は何でもできるでしょ。けど、その当時はね、できなかったの。農業で他にはできなかったの。それでも仕方がなしにね、学校経営なんて。二人で始めて・・・。一番初めはね、コンセルヘイロ・フルタドなんです。それからサンジョアキンに行ったの。それからタマンダレに行って、それからベルゲイロにして、それからここへ来たわけ。

日付:
場所: ブラジル
Contributed by: Caminho da memória - 遥かなるみちのり. São Paulo, Brazil: Comissão de Elaboração da História dos 80 Anos de Imigração Japonesa no Brasil, 1998. VHS.

Brazil immigration

いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

「いただきます2!」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団