南カリフォルニアの庭師の変化(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私は三世です。若い世代の日系の庭師には会ったことがありません。ラテンアメリカ系の人が多いですね。私の地域では、時々黒人の庭師を見かけることもあります。でも、若い日系人を見ることはありません。最近の日系の人たちは、ホワイトカラーの職種に就く傾向があるのでしょう。それでもいいのですよ。

日系の元で修行したラテンアメリカ系の人たちは、造園業を理解し、とてもよくやっています。彼らの多くは、州の免許を持つ造園業者になりました。彼らは、作業してもらうための労働者を雇い、自分たちは現場を回り、仕事の見積りをしています。造園業者の90パーセントは日系人に雇われていたことがあると思うのですが、私は、それはとてもいいことだと思っています。何と言うか、日系であることの誇りですね。

日付: 2005年12月1日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ダニエル・リー
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

gardeners gardening race sansei

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団