発作の後に雇った助っ人(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)脳卒中からある程度回復した頃、主治医のマーティン・クレル医師は、「誰かが一緒にいない限り、仕事への復帰は認めない。」と言いました。 私は、ババさんが経営するセンティネラとヴェニスの芝刈り機ショップへ行き、ババさんにこう言いました。「誰かと一緒じゃないと、主治医が仕事に戻らせてくれないんだ。」そして私は、「いい助っ人を見つけたいから、いろんな人に伝えてほしい」と頼みました。1週間後、この友人がサルバドール・ハロを紹介してくれたんです。私は、「彼、経験はあるの?」と聞きました。道具の使い方は知っているし、庭師の仕事を始めてずいぶん経つ、ということでした。それで私は、「わかった。まずは1週間雇ってみて、彼の仕事ぶりを見よう」と言いました。その後、彼とは27年間一緒に働きました。

引退の際には私のクライアントの97、8パーセントを彼に譲りました。贈り物ですね。というよりは、彼が27年かけて稼いだんですね。今でも時々手伝ってもらっています。「サルバドール、ここの草取りを手伝ってくれる人が必要なのだが。」と言うと、「オーケー。いいよ。」と言ってくれるんです。

彼は家族みたいなものですね。彼の子供達のことは、生まれた時から知っているし、成長も見てきました。彼の孫にも会っていますよ。全て上手く行っています。

日付: 2005年12月1日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ダニエル・リー
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団