戦時中にワイレア製糖工場を売却(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)ワイレア製糖工場は、ハワイでは唯一の独立系製糖工場だったと思いますよ。でも、残念ながら、第二次世界大戦の間は、父は敵性外国人ということで、工場の経営にはタッチすることは出来ませんでした。FBIから尋問を受けたこともありましたね。そうこうしているうちに、ハカロア製糖工場がコスタ一家にワイレア工場の売却を持ちかけましてね。勿論、父はなにも出来ませんでした。会社の役員でなかったので。で、結局工場は売ってしまいました。今残っているのは、金庫だけですね。自分達で作った大きな金庫です。それと、工場の労働者の為に立てたたくさんの家屋ですね。父はこの農場の作業員として広島からも数人連れてきてました。

日付: 2006年5月31日
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: アケミ・キクムラ・ヤノ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団