ワシントン州スポケーンで家族経営するホテルで、酔った泊まり客を追い出したこと (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) ホテルがあったのは高校までの通学路の途中で、僕は酔っぱらった客を追い出したりもしていたんです。彼らを静かにさせなければならなかったので、従わない客は追い出していたんです。僕が夜勤のフロント係をしていた頃の話ですけど、母が翌朝、夜間の返金額の記録を見て、「このお客さんに何があったの?」と僕に聞くので、「酔っぱらってたから追い出した」と答えたんですよ。そしたら母は、「このお客さんは1番の常連さんだったと思うんだけど。森で働く時は必ず宿泊してくれてたし、1度も問題を起こしたことなんてなかったのに」と言ったんですね。結局、僕はその後すぐにクビになり(笑)、夜勤のフロント係を雇い始めたようです。

日付: 2006年3月15・16日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: メーガン・アサカ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project

hotels

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団