コレマツの再審裁判がもたらした歴史的影響と私が感じたこと (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 僕としては、個人的にもそして政治や法の面でもコレマツ裁判以上に意義深い訴訟を経験したことはありませんし、そういう意味で、このケースは本当に複雑に入り組んでいます。歴史的訴訟の判決に40年後異議を唱え、立ち向かわなければならなかった訳ですからね。僕たちは、最高裁判所が下した過去例のない不正な法的措置を立証し、両親世代の人々の正当性を証明して名誉を回復させなければなりませんでした。そしてその犠牲となった両親たちのお陰で僕らは法を学び、スキルを身に付け、今度は僕ら自身によって彼らの汚名を晴らすチャンスを得ることができた訳です。この訴訟を通して経験したこういったサイクルというか、巡り合わせはとても興味深いことだと思います。僕らはこの裁判で、歴史的に見ても日系人は脅威ではなかったし、軍事措置の必要性はなかったことを証明できたのです。

日付: 2003年2月8日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: トム・イケダ、マーガレット・チョン
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project

coram nobis lawyers

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団