『ジャイアント・ロボット』の地味な始まり(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 『ジャイアント・ロボット』は、1994年にミニコミ誌的に始めたものなんです。基本的にアジア系アメリカ人の話題をベースに発行したかったんだけど、僕達にはお金がなかったので自分達でコピーして、折って、ホッチキスで止めたりなんかして作ってましたよ。なんか見た目が不揃いな刊行物ではあったんだけど、すごく分厚くて、僕らは満足してましたね。だからとにかく継続して発行するうちに、より良いものが出来ていけば、という感じでしたね。

日付: 2005年11月27日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ、ジャニス・タナカ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

giant robot publications

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団