第2次大戦中、山中の小さな村へ避難(スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語) 当時(第2次大戦中)、私の父は首都リマから少し離れたところにあるカニェテという村に住んでいました。戦争が始まると、父は用心のため私たちと避難することにしました。ともかく最年長の私を連れて、山の中深く分け入り、ルナウアナという小さな村に辿りつきました。そこまでは迫害を受けることもなく、そうやって父はなんとか切り抜けてきたんですね。父はカニェテに店を持っていましたが、ルナウアナでは髪の毛を切ることを覚えて、散髪屋をして暮らしていかなければなりませんでした。

日付: 2005年10月7日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アン・カネコ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

peru World War II

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団