タシュメでの生活(英語)

日本の男女別教育(英語) 家族の反対をおしきりボブと結婚(英語) タシュメでの生活(英語) 東へ移住か渡日かの選択(英語) 生け花の万国共通の魅力 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) I*: タシュメでは、(周りの人たちと)どういうことをしていたんですか?

タシュメで?そうですね、夜になると、みんな自分の砂糖やお茶、カップと受け皿(笑)、それとお肉まで持って集まっていました。オノさん、カキノさん一家、それにウッドファイバーからはウノさん、アオキさん、それからフクモトさん一家も一緒に集まっていましたね。フクモトさんの奥さんは料理を教えてくれて、私の料理のほとんどは彼女のレシピなんですよ。私の兄は、フクモトさんとコンタクトを取っていたようですね。兄は、妹はどうしてる?っていつも聞いてたようで、フクモトさんは、「彼女はとっても元気よ」と言ってくれてました(笑)。

I: 娯楽は何がありましたか?

ツユキさん達と日本映画を見たり、TYO(Tashme Youth Organization)という「タシュメ若者の会」というようなものを立ち上げて、ボブはそれの会長か何かをしていました。その会でコンサートを開いたり、ボブ・イトウさんという人が居て、とても楽しい催しものもありました(笑)。カワダさん、という若い女の子たちも居て、シマダさんという人と結婚していたのですが、確かハワイアンのダンサーをしていたらしいですね。タシュメにいる中では比較的若い男の人達は、誰が作っていたのかは覚えていませんが、演劇もしてましたよ。それから野球もやってましたね。

*“I”はインタビューワー(ピーター・ワカヤマ)

日付: 2005年2月14日
場所: カナダ、トロント
Interviewer: ピーター・ワカヤマ
Contributed by: 世代-日系カナダ人レガシープロジェクト日系文化会館

Canada incarceration internment tashme World War II

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団