日本の男女別教育(英語)

日本の男女別教育(英語) 家族の反対をおしきりボブと結婚(英語) タシュメでの生活(英語) 東へ移住か渡日かの選択(英語) 生け花の万国共通の魅力 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) I*: 日本での、男女別学教育について教えてください。

はい。あの頃は本当に厳しかったですよ。放課後や土日に、もちろん土曜日の半日は学校がありましたけれど、お友達や両親と買い物に行く時であっても、学校の制服を着なくてはいけなかったんです。そうやって学校は、高校生の素行を確認していたんですよ。だから男の子と話をすると、見ていた誰かが必ずすぐ学校に連絡するんです。よく覚えていませんけど、当時は電話はもう既にあったと思いますか?

I: ないですね。

ですよね。だから誰かが学校へ行って報告していたんでしょうね。近所の男の子に、「元気?」とか「お母さんは元気?」なんていう風に、話しかけられたことがあったんですが、もうそれだけで、誰かが学校に報告しているんですよ。 それからこんなこともありました。私の父が亡くなった時、私は16歳だったのですが、兄がカナダから帰って来ていたんです。お葬式やいろんなことが片付いたら映画を見に行こうね、と言ってくれて、制服を着て兄と一緒に出かけたんです。そうしたら誰かが校長先生に連絡したらしく、次の日学校で呼び出されてたんです。校長先生は、「昨日の夜はどこに行っていた?」と言うので、「映画を見に行きました。」と答えたんですね。そしたら、「誰とだ?」と聞かれて、「兄とです」って答えると、校長先生はとても驚いた様子で、どうやら私のことを一人っ子だと思っていたようです。(そうと知るなり)先生達は、「ええ?お兄さんだったのか?わかった。じゃあもういいから教室に戻りなさい。」ですって(笑)。

*“I”はインタビューワー(ピーター・ワカヤマ)

日付: 2005年2月14日
場所: カナダ、トロント
Interviewer: ピーター・ワカヤマ
Contributed by: 世代-日系カナダ人レガシープロジェクト日系文化会館

education gender Japan

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団