写真花嫁として渡米した祖母(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)60人の写真花嫁を乗せた船がシアトルに入港してから13日後のことです。祖母の話によると、花嫁たちはまだ見ぬ未来の夫の写真を手にし、いっせいに船の前方に走り寄ったそうです。そして彼女たちは陸にいる未来の夫たちを指差し、自分の夫となる人を見分けようとしていたのです。そして男たちも、妻となるべく人の写真を持ち、陸地から同じようなことをしていたそうです。

興味深いことに、祖母がつけていた日記にはその後2週間、祖父については何も触れていないのです。でも祖母は、シアトルでの生活をどう感じ、シアトルがどんなに興味深い土地か、町のことについては実に多くのことを記していました。でも家族のことになると、祖母はいくらかがっかりしていたようです。祖母がセイビ(夫ヨシトミの兄)から聞いていた弟像と本人が、彼女にはかけ離れているように感じたのです。私の記憶が正しければ、祖母はがっかりしたことを告白していましたが、でもその後すぐ祖父に対する見方は変わり、祖父は彼女の期待以上に最高に素晴らしい人になったそうです。祖母は、祖父を完全に尊敬するようになっていました。

もし完璧な母系家族があったとすれば、それは祖母の家族だったと思うくらいです。私は、祖父が祖母を非難するようなことを言うのを一度も聞いたことがありませんしね。ある意味、祖父は祖母のしもべのようでもありました。でもそれは、日系二世の家庭には珍しいことでした。とにかく私の祖母は、アメリカに来てすぐに助産師の資格をとり、仕事を始めたのです。1912年か13年に助産師になった後、1938年までの間にアシスタントも含めて1千人以上の赤ちゃんを取り上げたそうです。

日付: 2003年3月18・20日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: アリス・イトウ、マユミ・ツタカワ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

picture brides

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団