日本軍に包囲されたときのメリル・マラウダー部隊の状況(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私達が話しをしていると、誰かが「いつまでこれが続くんだ?」「俺達はどうなるんだ?」「第3大隊はいつになったら助けにくるんだ?」と言いはじめました。そして私は戦闘中に無神論者がいないことを実感しました。全員が祈っていましたから。私は「ABC」全部の神に祈りました。アッラー(A)、仏陀(B)、キリスト(C)です。皆助かりたいと思っていました。カトリック教徒の人も何人かいて、手で十字架をきり泣いていました。ある者は黙り、ある者は恐怖のあまりパニックになっていました。

日付: 2003年12月17・18日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: アリス・イトウ、トム・イケダ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

merrill's marauders World War II

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団