やる気を起こすためにオフシーズンにマウイへ帰省 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 僕は、首位打者になってシーズンを終えたんです。ホノルルに戻って、すぐにマウイ行きの飛行機に乗って、かつて住んでいた古い家を訪れたり、12才から14才の頃に草むしりをしていたさとうきび畑を見に行ったりしました。(昔の場所を)ただ見に行くためだけにね。父がかつてどんな風に働いていたか僕は見ていたし、そういう経験をね、忘れたくなかったんです。日本に戻ったらもっと頑張るぞ、という気持ちにさせられましたしね。今よりももっと良い野球選手になるぞ、という刺激にもなったんです。そうそう、野球選手の中には、よい選手で、お金をしっかり稼いでたりすると、つい小さい頃の苦労を忘れてしまうんです。でも僕は、今まで一度も、引退した今でさえ、当時の苦労を忘れたことはないんです。

日付: 2003年12月16日
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: アート・ハンセン、ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

baseball identity

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団