逮捕された父(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)背の高い白人の男が3人、玄関の呼び鈴を鳴らしたので、私がドアを開けたんです。すると彼らはリビングの方へほとんど勝手に入って来たんです。私はドアをちょっと開けただけだったのに、彼らは勝手に中に入ってきたんです。

最初は何が起こったのかわからなかったんですけど、FBIカードを取り出して、「セイジ・ナカハラはいるか」と聞いてきたんです。

私は「居ますよ。でも父はとても具合が悪いので別の部屋で寝ています」と答えました。

でも彼らはすぐに入ってきて、寝室に行き、父を起こし、バスローブを着てスリッパを履くよう指示し、外に出るようせきたてたんです。「父をどこに連れて行くんですか?」とか「これは一体どういう訳なんですか?」とか訊ねる時間さえもなかったんです。そうやって彼らは父を連れて行ったんです。私は近所の叔母(伯母)の家にいた母に、「すぐに家に帰って来て。誰かがパパを連れて行ったの」と伝えました。

日付: 2003年6月16日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: カレン・イシズカ、アキラ・ボック
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

FBI incarceration internment World War II

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団