日本にいるからこそ果たせる自分の役割

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

まぁちょうど30年経ってアルゼンチンに帰りたい、またはアルゼンチンでまた再スタートしたいという気持ちはないですね。多分日本にいる事で日本の中で自分の役割をこれからも果たす、またはこれからも自分の役割を探して行くのが一番良いのではないかと思っていて、その方がいろいろ還元できるのではないかと思っていますね。

でも僕から実は南米のアルゼンチンで生まれ育った人間ですという事はどこかでやっぱり伝えますし、それがやっぱり特徴であり、それをずっと自分の軸にしているわけですよ。でも相手は驚くかもしれないけれども、それに対して今度は相手も接してくる、または相手は何かを求めてくるわけですよね。それがやっぱり、また自分の(話が)戻りますけれども、役割だと思うわけです。よくみんな、架け橋とか、いろいろ凄く素晴らしい言葉を言いますけれども、非常にやっぱりその、国、文化、言葉っていうのをうまく繋ぐというのは非常に労力のいる仕事であってですね、神経も非常に使うわけですよ。だから単なる言葉とか国だけの繋ぎだけではなく、考え方、思惑、それから時にはやっぱり利害関係というのも関わって来ますので、そういう面では気をつけています。

日付: 2019年9月22日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

identity nikkei in japan

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団