日本在住の日系人をサポート

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

90年代に中南米から色々就労者、まあ当時出稼ぎ労働者と日系出稼ぎ労働者と言われていましたけれども、その人たちが大量に日本にやって来ていたわけですよ。僕は勿論、意識はしていましたけれども、そんなに沢山来ているっていうのは、まったく理解していなかったのですが、筑波にいたときも、その後もそうですが、スペイン語ができるという事、そして日本語もある程度上達していた訳ですから、その二つの言葉が出来るということは色々な企業や自治体から問い合わせが入るようになって来たわけですよ。裁判所もそうでしたし、警察当局からもそうでしたので、いろいろな単発な仕事ですけれども、非常に多く入って来て、通訳としてですね。後ちょっとした翻訳を、と。

そういうこともあって僕はちょっと当初予定していた専門分野を変更させてもらって、横浜国大で法律を専攻したのです。修士論文も労働法というのを専攻して、日本の民法や民事訴訟法やそういう分野を徹底的に勉強したのですね。そのお陰でやっぱり色々な活動ができるようになりましたし、ラテンアメリカから来るようになった日系人にサポートすることもできたわけです。

日付: 2019年9月22日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

dekasegi nikkei in japan

ディスカバー・ニッケイ「トークイベント」シリーズに関するアンケート

アンケートに答える >>

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団