アメリカで両親と再会する(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私たちを育て、完全な壊滅状態から救ってくれた祖父母を残し、私たちの記憶にない米国の両親の元に帰らなければならないと告げられたのは確か1948年1月でした。私たちは泣き叫びました。私たちは米国に帰りたくはありませんでした。おばあちゃんと一緒にいたい、ただそういう気持ちでした。

しかし、泣いたり叫んだりを繰り返しても、1948年3月、祖父母は私たちを横浜からアメリカに向かう船に乗せました。ハワイを経由して目的地に到着するまで2週間かかりました。11歳半の兄と10歳の私、2人だけで船に乗りました。

日付: 2019年9月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 三木 昌子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

a-bomb grandmother Japan parents post-war

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団