ポータブルビデオカメラの一般利用の模索(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私は、次々に企業に手紙を出しましたが、そのほとんどが日本企業でした。1960年代、ソニーやキャノン、パナソニックといった日本企業は、一般消費者がビデオカメラを使用する可能性を模索し始めていました。私の手紙に最初に反応してくれた主要企業のひとつが赤井電機という会社でした。赤井氏は、いわゆるポータブル、またはポータパックという愛称で呼ばれていたビデオカメラを12台提供してくれました。私はそれをバックパックのように背負い、カメラ本体につないだ状態で別々に運びました。ものすごく重かったです。

最初は笑われました。テレビ業界のプロの人たちもバカにしていました。プロ用の機材とは比べ物にならないので成功するわけがないと思われていたのです。でも重要なのは、まだ存在していないあらゆる可能性を探究することでした。

日付: 2017年9月15日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジェニファー・クール
Contributed by: ジェニファー・クール、マシュー・ピュリフォイ

Akai recorders vídeo

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団