第二次世界大戦ですべてを失った父(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)フランクリン・ルーズベルトは、全ての日系アメリカ人は――彼は日系アメリカ人とは言っていなかったと思います。彼はただ、日本人と言いました――強制収容に備えるよう、または“抑留”に備えるように、という通知を出しました。その頃父はまだ、当局が来る前にキャンピングトレーラーを購入し、州外に脱出するチャンスがあるかもしれないと考えていました。コロラドに行けばこんな扱いは受けないと聞いていたのです。でももう手遅れでした。FBIがやって来て、私たちは・・・父は基本的にすべてを失いました。私たちは小さな農場を所有していて、父はそこで花やイチゴなどを栽培していました。1942年当時、10エーカー(約4ヘクタール)ほどだったでしょうか。

日付: 2017年9月15日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジェニファー・クール
Contributed by: ジェニファー・クール、マシュー・ピュリフォイ

Colorado FBI japanese american World War II

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団