音楽について(英語)

「キシ・バシ」という名前の由来(英語) 両親は新一世(英語) 日本人でもありアメリカ人でもある(英語) 音楽映画「Omoiyari」について(英語) 音楽映画「Omoiyari」を製作した理由(英語) 音楽について(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)僕は7歳のころから、バイオリンを弾いています。でも、バイオリニストになるなんて、全く考えていませんでした。

高校時代は、クラシック音楽ばかり。他の高校生のようにメタルもやりましたけど。その後、ジャズの即興もやりました。随分はまっていた時期もありました。即興で音楽を奏でるっていうのは、本当に社交的な芸術ですから。

両親の勧めに従って工学部へ進学しましたが、落第。でも両親は、僕がどれだけ音楽が好きかっていうことを理解してくれていたので、音楽の道へ進むことを許してくれました。

思えば、音楽を盾に生きてき多様に思えます。音楽がなかったら、僕の人生は意味がない。音楽が僕のマイノリティーというアイデンティティを隠す盾なのかもしれない。マイノリティーというアイデンティティは僕の特技の影に隠れているのかもしれません。

日付: 2018年8月21日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: シャーロン・ヤマト
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

identity music musician violin

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団