音楽映画「Omoiyari」を製作した理由(英語)

「キシ・バシ」という名前の由来(英語) 両親は新一世(英語) 日本人でもありアメリカ人でもある(英語) 音楽映画「Omoiyari」について(英語) 音楽映画「Omoiyari」を製作した理由(英語) 音楽について(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)最初の動機は、なんと言っても2016年の大統領選挙です。大統領に選ばれた人が、「イスラム教徒を追放する」とか、「大統領命令発令とか強制収容はかって、実行された」なんて話すのを聞いて、生まれて初めて、この国に生きるマイノリティーとして危機感を抱き、気持ちが奮い起こされました。この国は人種の坩堝で、誰に対しても開放されているとずっと、信じていた。でもこの時初めて、日系人の強制収容についてしっかり勉強しようと思ったんです。

この映画は、二部構成になっています。第一部は、歴史を考察したうえで、「共感」を抱いてもらう。僕自身、特権的な視点を振り捨てて、非特権階級、マイノリティーの人たちの視点を理解する。第二部では、マイノリティーの人たちに希望を持ってもらいたい。白人には、この国はもう白人だけの国ではないことを認識して、特権を分かち合うことの大切さを訴えています。

日付: 2018年8月21日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: シャーロン・ヤマト
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

empathy equality identity minorities music musician omoiyari privilege United States

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団