いくつかの生い立ちを持ったユニークなアイデンティティ(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)成長期の大半を日本で過ごし、日本の影響を強く受けていることから、私は自分を日本人だと認識しています。しかしアメリカに来てから、自分はフィリピンで生まれ、でも日本人で、そしてアメリカ人となったことで、自分は何者なのかという問いの答えを見つけ出すのに苦しみました。「自分自身の住民になろう。私はその全てなんだ」と思えるようになるまで長い時間がかかりました。それが自分の人生背景を受け入れて共に生きていく唯一の方法でした。

日付: 2017年7月12日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 渡辺美津重、西村陽子、レイトン・オカダ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

citizenship identity Japan philippines United States

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団