引き上げ者に対する世間の態度(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)アメリカの市民権の取得を申請した1954年、私達はアメリカへの移民、又はアメリカでの永住資格に当てはまることが分かったので、両親はアメリカに来ることを望みました。その当時日本では帰還者は快く迎え入れられず、「引揚者」と呼ばれ、世間はネガティブな態度をとりました。一方、親たちにとっては年上の兄弟や家長の干渉なく初めて自分たちの人生を自分たちで決断することができたので、良い暮らしでした。

日付: 2017年7月12日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 渡辺美津重、西村陽子、レイトン・オカダ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

hikiagesha immigration philippines United States

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団