フィリピン・ダバオでの暮らし(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)父はフィリピンへ行きました。というのも、その当時は、ブラジルかフィリピンのどちらかの国へしか海外に行くことが許されなかったので、父はフィリピンを選んだのです。1937年5月1日にフィリピンに着きました。その一年後、ミンダナオ島ダバオで私が生まれました。

その時その地域には約2万人の日本人がいて、広範囲で活発に文化活動を行っていました。ダバオは船用のロープや芋の袋といった麻を使った製品で繁栄していました。父はしばらくの間、トタン板から水槽や屋根などの製品を作る見習いをしていました。その後日本に戻って自分の店を持ち、商売は徐々に繁盛していきました。

日付: 2017年7月12日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 渡辺美津重、西村陽子、レイトン・オカダ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

community migration philippines

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団