除隊と種苗業の再開(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)任務を終えた私はニュージャージーで除隊し、ニューヨークに戻りました。

長兄のヘンリーとジョージ、ウィリーは、既に花苗生産業を始めていました。兄弟たちは私のことを探していました。私は序列の一番下で、弟たちに指図されていました(笑)。二人の弟に使われていたんです。彼らは仕事を分かっていました。「これをやったらあれをやって、これもやらなくちゃ。手伝ってくれよ」というような感じでした。

なかなか面白い経験でしたね。そうとしか言いようがありません。そこで5年働きました。皆で5年間一緒に働いた後、それぞれが独立しました。仕事はかなりうまくいっていました。そして後年、ますますうまくいくようになりました。ビジネスを拡大し、3人とも5エーカーの土地から引退しました。「土地を借りるのはダメだ。買って努力するんだ」と言っていたのは父でした。

日付: 2015年2月6日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

business farming flowers post-war

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団