広島訪問(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)広島に行きました。両親には米国に帰国する前に行くつもりだと伝えてあったので、それぞれの親戚の住所を送ってくれていました。広島に到着しました。広島に入る前から、町はただの平地になっていました。電車を降りましたが、駅はありませんでした。何もありませんでした。電車が止まる場所があるだけでした。それが広島駅でした。

私が行った時、広島はオーストラリア部隊の管轄でした。「降りて歩いて回りたければどうぞ。暗くなったら我々は探しに来ないから君一人になる」と言われました。電車を降りてすぐの場所に、建てられたばかりの木材の店がありました。話をしようと思って「ハロー」と言って店の中に入ると、予想に反して完璧な英語で返事が返ってきました。その女性は、「ツールレイクにいて、日本に帰ってきた」と言いました。何か探しているのかと聞かれたので、両親の親戚を探していることを伝えました。すると、「そこを曲がった先の建物に行くといい。警察がいるから」と言われました。電話ボックスのような小屋に警官がいました。住所を見せると、「そういう場所はもうここには存在しない」と言われました。それだけでした。私は広島を去りました。

この話には実は続きがあります。その後1ヵ月も経たないうちにオフィスのビルの受付から「ジミー、あなたを探している人が来ている」と言われました。「分かった。オフィスに通して」と言うと男性が入って来ました。普段着姿の男性は、「私はフクハラ・トクタロウだ」と言いました。驚くべきことに、彼は私が広島で探していた人でした!

日付: 2015年2月6日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

hiroshima relatives

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団