1941年12月7日の誕生日を祝う(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)12月7日に真珠湾攻撃のニュースを聞いた時のことは忘れられません。映画を見た後、家まで走って帰るところでした。通りはすごい騒ぎでした。大きな衝撃は受けましたが、先の見えない、よく分からない状況でした。人生が変わってしまうような大変なことが起きた、という自覚はありました。今後どうなるかは分からないけれど、なにかが起きた、そんな気持ちでした。

私はいつも、当時のことをちょっと冗談めかしてこう言っています。「誕生日をドンパチやって祝った」と。しかし、我が国、我が領土への日本からの初めての先制攻撃だったという恐怖感もありました。そしてこの先どうなるのだろうと思いましたが、待つしかありませんでした。

日付: 2005年3月4日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: フローレンス・オチ、アート・ハンセン、西村陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Pearl Harbor World War II

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団