自らの生還を信じて(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)緊迫した戦闘状態は5日間続きましたが、私には昼夜の区別も日付が変わった感覚もなく、1つのまとまった時間のように感じられました。大勢の仲間が傷を負い、命を落としました。私は自分のそばでたくさんの犠牲者を見てきたというのに、自分が帰還できないかもしれないという恐れを感じたことは一度もありませんでした。

日付: 2015年1月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: リリー・アン・Y・ウェルティ・タマイ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

army combat military veteran World War II

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団