人種別に分離された学校に通う(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私の生まれは本当に貧しく、両親は小作人で住居は塗装されていない掘っ建て小屋でした。水道も電気もなく、トイレは屋外にありました。それでも私はそういう環境が普通だと思っていました。

小学校は5回か6回転校しました。最初に通っていた何校かは異なる学年の生徒が1つの学級で学ぶ複式学級でした。学校は社会的にも経済的にも孤立していました。小学校3年生の時に通い、落第しそうになった学校のあるサクラメント郡では、全ての学校が人種別に分離されていました。白人は白人の学校に行き、アジア系は――私の記憶では日系人のみで――中国系もフィリピン系もいませんでした。黒人は見たこともありませんでした。

日付: 2015年1月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: リリー・アン・Y・ウェルティ・タマイ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

442nd community school segregation veteran

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団