アジア系に対するステレオタイプ(英語)

父の影響(英語) 9.11への反応(英語) ミュージカル 『Allegiance』(英語) アジア系に対するステレオタイプ(英語) ジョージとブラッドの結婚式(英語) ジョージの母とブラッド(英語) 公民権運動(英語) 世間にカミングアウト(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)とりわけ日系人や日本人に対するステレオタイプは、私たち日系人の人格形成に強い影響を与えてきたと思います。ステレオタイプは現在の私たちの在り方に影響を及ぼし、そしてそれは未来の在り方にも影響するでしょう。

アジア人が米国への移住を開始した時代、彼らは初めから差別されていました。アジアからの移民は帰化が認められないため、この国では法的に外国人にされていました。外国人土地法が可決し、アジア系住民を指す「市民権取得資格のない外国人」の土地の所有は禁止されました。しかし、直接的にアジア系という言葉が使われることはありませんでした。

このような法律や政府の態度の根底には、アジア系に対するステレオタイプがあります。ステレオタイプは当時の演劇や新聞の風刺漫画で強調され、社会やメディアの発展と共に映画や歌、演劇の中でも描かれました。強制収容が始まり、西海岸からジャップを締め出そうというヒステリーを後押ししたのもステレオタイプでした。戦時中は、中国系が日系の役割を、ステレオタイプを演じました。アジア系の人たちが自分の顔を貸し出し、ステレオタイプの維持に貢献しました。白人に作り上げられたステレオタイプには、私たちの人間性に対する理解は皆無でした。そこにあるのは、時の政治が色濃く反映された幻想のみでした。私たちは自分たちの顔を、その幻想のために貸し出していました。

しかし、物事は変化しつつあります。今はアジア系アメリカ人の映画監督がいます。作家がいます。プロデューサー、ディレクター、アジア系アメリカ人の俳優がいます。私たちの視点で、声で、顔で、私たち自身の物語を伝えています。その顔は、実体験に根差しています。これは驚異的な進化です。今ではアジア系の家族を描いたテレビドラマもあります。まだ見ていませんが、『Fresh Off the Boat*』が楽しみです。友人たちも何人か出ているんですよ。私たちは着実に前進しています。今後私たちに必要なのは、私が思うにアジア系アメリカ人の「ドル箱スター」です。そんなスターがいれば、私たちの視点と言葉で長編映画を作ることができるでしょう。

*2015年に放送が開始した台湾系アメリカ人一家を描いたシチュエーション・コメディ

日付: 2015年2月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ、ジャニス・タナカ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

discrimination medias stereotypes

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団