ジョージとブラッドの結婚式(英語)

父の影響(英語) 9.11への反応(英語) ミュージカル 『Allegiance』(英語) アジア系に対するステレオタイプ(英語) ジョージとブラッドの結婚式(英語) ジョージの母とブラッド(英語) 公民権運動(英語) 世間にカミングアウト(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)ブラッドと私が結婚できたのは、我々の民主主義のお陰です。議論や討論、苦悩の賜物です。2008年、カリフォルニアで結婚の平等が認められました。非常に重要な出来事でした。

私たちは博物館の成功や拡張、デモクラシー・フォーラムの建設に貢献してきたので、民主主義(デモクラシー)のフォーラムで結婚したいと思いました。当時はタテウチ財団の支援を受ける前でしたから、単にデモクラシー・フォーラムと呼ばれていました。今ではタテウチ・デモクラシー・フォーラムと呼ばれています。私たちはここで結婚することに決めました。

私たちは披露宴もしたかったので、アラタニ・ホールで夕食会と披露宴をすることにしました。素晴らしい会場で広さも申し分なく、友人や親戚をみんな呼んでお祝いすることができました。それから多様性をテーマにしたいと思いました。ブラッドと私は多様ですから。彼はスコットランド、イギリス、ドイツ系です。そして私は日系アメリカ人。このことを結婚式に反映させたかったのです。

招待客は琴奏者の演奏でデモクラシー・フォーラムに迎え入れられ、素晴らしい才能の持ち主であるフィリピン系のピアノ奏者が結婚式で演奏しました。入場曲はブロードウェーイ・ミュージカル『コーラスライン』の「ワン・シンギュラー・センセーション」です。式が終わり、スコットランドのバグパイプ奏者の誘導で、友人や親戚と共にデモクラシー・フォーラムから中庭を抜け、アラタニ・ホールに移動しました。アラタニ・ホールでは、ロフトの上からゲイ・メンズ・クワイヤが讃美歌を歌ってくれました。そのロフトはまだ一度も使われたことがなかったので、そこから聖歌隊が歌ってくれたらどんなにか素晴らしいだろうと思ったのです。上の方に備え付けられたスペースをそのように使ったのは私たちが初めてだったと思いますよ。

プロの歌手やブロードウェイ俳優の友人たちのお陰で、私たちは素晴らしく多様なみなさんと共に結婚を祝うことができました。そしてデモクラシー・フォーラムは、私たちが結婚するには完璧な場所でした。

日付: 2015年2月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ、ジャニス・タナカ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Democracy Forum diversity Japanese American National Museum LGBT

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団