9.11への反応(英語)

父の影響(英語) 9.11への反応(英語) ミュージカル 『Allegiance』(英語) アジア系に対するステレオタイプ(英語) ジョージとブラッドの結婚式(英語) ジョージの母とブラッド(英語) 公民権運動(英語) 世間にカミングアウト(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)パビリオン・ギャラリーがオープンした時、私は全米日系人博物館の最初の理事長でした。その直後、ニューヨークで9.11アメリカ同時多発テロ事件が起きました。私たち日系アメリカ人は、アラブ系アメリカ人に影響が及ぶのではないかととっさに考えました。

9.11後の最初の理事会ですが、当時の博物館長アイリーン・ヒラノには、デトロイトまたはディアボーンのアラブ系アメリカ人コミュニティとのコネクションがありました。それでロサンゼルスからミシガン州ディアボーンに会場を移し、理事会を開きました。アラブ系アメリカ人コミュニティのリーダーに聞き取りを行い、彼らが何を憂慮しているか話を聞きました。そして日系コミュニティを襲った戦時ヒステリーの体験を伝え、そのようなヒステリーがアラブ系アメリカ人には起こらぬよう、できる限りの努力をすると伝えました。

しかし、それは起こってしまいました。日系アメリカ人が被ったほどの規模ではありませんが、起こりました。博物館の存在感と日系アメリカ人の声について、私の考えでは当時の閣僚で運輸長官だったノーマン・ミネタが博物館理事の一員だったことも手伝い、私たち日系人の声、博物館の存在、ひいてはアメリカ中のコミュニティの日系人の存在がヒステリーを和らげ、1942年に日系人が被ったレベルの被害は免れたのだと思います。

日付: 2015年2月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ、ジャニス・タナカ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

9/11 arab americans japanese americans

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団