ウォルター・オマリーの哲学(英語)

野茂を迎えて (英語) 野茂が後続の日本選手に与えた影響(英語) 野茂の人柄(英語) 野茂による観客動員数の増加(英語) ドジャースと日本の関係(英語) ウォルター・オマリーの哲学(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)僕は、ウォルター・オマリーには、日本野球を支援するという信念があったのだと理解しています。日本野球を支援することは、結果的にドジャースのためにもなるのです。その信念は、台湾、韓国、オーストラリア等にも引き継がれましたが、我々は日本野球を支援し、1958年、読売ジャイアンツから選手と監督を招き、合同でトレーニング・キャンプを行いました。トミー・ラソーダが宮崎でドジャースの戦法を伝授した後、読売ジャイアンツは、9回連続優勝を成し遂げました。当時の川上監督は、読売ジャイアンツの9回連続優勝はドジャースの戦法のお陰だと称賛しました。

当時の日本人は、皆このことを知っていました。日本野球の支援というウォルター・オマリーの信念は、今日の私たちまで、一連の流れとしてつながっていると思うのです。

日付: 2014年3月21日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: マーク・ランギル
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

baseball Dodgers Giants Japan tokyo Tommy Lasorda United States Walter O’Malley

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団