ドジャースと日本の関係(英語)

野茂を迎えて (英語) 野茂が後続の日本選手に与えた影響(英語) 野茂の人柄(英語) 野茂による観客動員数の増加(英語) ドジャースと日本の関係(英語) ウォルター・オマリーの哲学(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)1956年、ブルックリン・ドジャースは日本を訪れ、親善試合のために1か月滞在しました。この滞在は日本でかなり話題になり、メジャーリーグは日本ファンの人気を獲得していきました。その後、1966年、ロサンゼルス・ドジャースは2度目のツアーを行い、大変な盛り上がりを見せました。

1993年、ドジャースは台湾と福岡を訪れ、親善試合を行いました。日本とドジャースに関わる歴史の多くが、僕の義父、アイキ・クハラがドジャースに所属した1965年に始まりました。また、ドジャースと日本には1956年からの強い関係があり、日本で人気があったからこそ、ドジャースが野茂英雄と契約を結ぶことができたのだと思います。

ほとんどの日本人がドジャースに親近感を持っていました。特に、プロ野球関係者がそうでした。読売ジャイアンツがドジャースのキャンプに5回参加し、ベロ・ビーチ・キャンプの様子は全て映像記録に収められ、全ての日刊紙が、ドジャースと読売ジャンアンツの選手が一緒に映る写真を掲載しました。そういったことが、ドジャースの日本での存在感に、歴史的にも貢献したのだと思います。

日付: 2014年3月21日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: マーク・ランギル
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

baseball Dodgers goodwill games Hideo Nomo United States

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団